2012年02月24日

在りし日の…

今日は暖かく、春を感じさせる日ですね。晴れ
DSCF2739-2.JPG
海もきれいです。
DSCF2740-2.JPG

さてこの前、一昨年携帯で撮っていた写真を見つけました。
これが在りし日の鯨館前です!
P1000066.JPG
ちょっと分かりづらいですが、スロープを下って前面には駐車場が、右側には芝生兼公園があり、休日や学校の終わった時間など子どもたちが遊びに来ていました。

これは去年7月、被災後のガレキ置き場になってかなり集まった頃です。
P7010308-2.JPG

そして今朝の様子。
DSCF2734-2.JPG
だいぶ開けてきましたね。

一昨年の写真はもっとあったはずだ、特に沼周辺の桜並木や満開に咲くチューリップの後ろに鯨館の写真が!(;゚∀゚)=3と、探したのですが、ありません。
いや撮ったはずだと考えてみれば、それらは前の携帯の本体の方に保存していて、今回見つかったのはミニSDに保存したものです。
で、前の携帯はというと、津波の時に水没していて、防水じゃなかったソレは一瞬にしてショートしていたのでした。il|li(つω-`。)il|li 
データを移しておけば良かったなーと後悔はありますが、SDが無事だっただけでも喜ぶべきでしょうね…。(´・ω・`) (和)


posted by 鯨と海の科学館 at 17:33| Comment(0) | いとしき日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月18日

昭和の捕鯨についてU

前回に続いて「捕鯨」に関する写真を紹介する。
スリップライン(斜路)から解体場所へ揚げられた本体である。
PICT0149-2.jpg
打ち合わせの後に作業に入った。
PICT0144-2.jpg
剣道でいう「上段」のかまえから初手が入る。
PICT0145-2.jpg
PICT0141-2.jpg
みるみるうちに切り口が広がってゆく。それにしても手際の良さには感服する。
PICT0137-2.jpg
表皮を剥ぎながら作業は進行してゆく。
PICT0136-2.jpg
次の写真で気がついたことがある。その背後(西方側)に見える山には将来、「魚賀波間神社」が移転して建立されることになるとは・・・・結果的には「海嘯」から免れることとなる。神のお告げか
PICT0086-2.jpg
今回も私事を若干報告したい。
2010年某月某日 この時期小生は「専業主夫」に励んでいたが、夕餉の食材と晩酌の「つまみ」
を某スーパーにて入手した図である。
IMG_0103-2.jpg
ご覧のとおり「ムキムキ」してガッカリしたのである。サヤの立派さにしては、歩留りがバッド(下向き矢印)である。
IMG_0101-2.jpg
これが本当の「空マメ」なのである。
と言いつつオノレの眼力の無さということで合掌たらーっ(汗) jun.m




posted by 鯨と海の科学館 at 12:04| Comment(0) | いとしき日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月14日

昭和の捕鯨について

山田町船越「荒神海水浴場」の現状について投稿してきたが、次回は山田町「オランダ島」について
草稿をまとめているところです。少々お待ち頂きたい。
今回のタイトルについては当館に保存されて被災を受けた「モノクロのネガ」を修復したので、その一部を紹介したい。
下の写真は山田町大沢にある日東捕鯨鰍フ捕鯨船がクジラを曳航し入港してきた図である。
PICT0172-2.jpg
最初に尾部へワイヤーロープなどを取り付けて巻き揚げの準備である。
PICT0161-2.jpg
PICT0160-2.jpg
上の図は「バンザイ」と大漁をヨロコンデイルカではない。陸上の巻揚機担当へokの合図を送っているのである。やがてスリップラインという斜路から解体場所へデビューするのだ。
PICT0150-2.jpg
解体場所で「指導者」らしきベテランがここを・・・こうして・・・と指導している雰囲気。
PICT0155-2.jpg
「海のシェパードさん」には、お叱りを被るかもしれない。
お顔を拝謁してみるとヒゲクジラ系と推測される。
このように過去の古いネガを発見して(実際は映像化してみないと判別不能)保存する作業はイヤケがさした時期もあったが最近は、愛着が出てきている小生である。まだまだ沢山あり続きますが、今日はこのくらいにして、次のものは私生活の道楽である。
20110930サルナシ漬け-2.jpg
2011年某月某日今年は、思いのほか実りの良かった小生の家の庭にある「サルナシ」地方名ヒラグズ・・の、リカー漬け作業である。収穫は750gあったので100gのアイスシュガー(氷砂糖)とメーカー不明の果実酒用焼酎との調合計画です。
20110930サルナシ漬け-2.jpg
キレイに洗って「先っちょ」のトゲトゲをカットしたほうがゴミの混入と誤解されないのと、綺麗に仕上がるのだ。
IMG_0067-2.jpg
カクシテ、万端終える予定がリカーが足りないキスマーク
うーむ、大失態ダ・誰だー飲んだのはー・・・ま、明日にでも調達するか。
3ケ月後が楽しみだネ。成功したら「鯨館の冷暗所」に保管して特区でもつくるか。その時期になったら結果を報告いたします。jun・m
posted by 鯨と海の科学館 at 16:03| Comment(0) | いとしき日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。