2016年11月21日

イセエビ パートV

2016-11-21
山ノ内(船越)のY.Tさんから又、入っていたよ・・・
の電話。
早速受け取りにダッシュ。帰館して水温の馴致。
イセエビB-1.jpg
現場(共同処理施設)で揚水している水温は15℃。
急激な温度変化は生物にとっては大きなダメージが
残る。当館の水槽水温の20℃に近づけて。
イセエビB-2.jpg
水槽内にソット放流。
イセエビB-3.jpg
パートTではイシダタミガイやクボガイを最初は与えて
いたがイマイチ食べ残しが若干あったため・・・
「キクコウストア」でゲットしたアサリに替えた
ところ一晩で完食するグルメエビに変身した。
イセエビB-4.jpg
今日のディナーにあがるのは誰だ。殻高の順番にしよう・・・
ゆったりと水管を伸ばし相談するアサリ連中・・・
イセエビB-5.jpg
・・合掌・・・J.M



posted by 鯨と海の科学館 at 16:47| Comment(3) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

コクガン飛来

2016-11-14(月)この日に飛来した。
2012年は 17羽、2013年カウントなし。 2014 年25羽、 2015年も数はカウントしていない。
飛来を確認はしていたが撮影データの保存場所が不明中。今年は現在の所6羽だ。
年により飛来数と飛来の日は変動がありそうだ。(人のカレンダーでは
推し量れないのだろう。)
2016-11-14コクガン➀.jpg
当日は中望遠レンズを積んでいなかったので近づくと警戒して
離岸していゆく。
2016-11-14コクガンA.jpg
ヤットコサの限界距離で撮影。
黒い雁と書いて「コクガン」、雁が南の空へ飛んでゆかぁ・・・
名月赤城山ならぬ「スーパームーン霞露ケ岳」
2016-11-14コクガンB.jpg
翌15日、レンズを準備したが沖へ出てベストショットはなし。
寒さが厳しくなるにつれて飛来数が増えることを望むが
関口川河口左岸の工事がこの右岸まで延びて来るのが気になる。
posted by 鯨と海の科学館 at 17:15| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月18日

キジのファミリー

2015-07-06
骨格などの脱塩用大型水槽の排水口の手直しをしていると
ほぼ修復を完了した本館の方角から甲高いギィ−・ギィ−とキジ
の鳴き声がした。あまりにも長い時間続くので行ってみると。
2015-07-06キジのファミリー➀DSC01093.jpg
本館のスロープ通路手前に「つがい」のキジがいた。
2015-07-06キジのファミリーADSC01094.jpg
手前がオス・通路下奥がメス
2015-07-06キジのファミリーBDSC01099.jpg
近づくとメスが小生の間近で大声とともに異様な動き
を繰り返す。
2015-07-06キジのファミリーCDSC01101.jpg
羽根の形を変えて「疑傷」するメス(母鳥)
地上に営巣する鳥に見られる。外敵が巣に近づくのを
はぐらかしたり雛を守るために敵をとおくにおびきだす。
オスは冷たいものでトットコ・トットコ逃げ出した。
2015-07-06キジのファミリーDDSC01103.jpg
周囲を良く観ると上部の方向でピヨピヨの声がする。
入館スロープのサイド芝生になにかうごめく。
2015-07-06キジのファミリーEDSC01109.jpg
芝と壁のコーナーにヒナが六羽パニック状態でいた。
ヒナたちにとってはこの段差が障害となって迷い
母親とはぐれてしまったようだ。
2015-07-06キジのファミリーEDSC01109.jpg
母鳥の方向へなんとか追い出してやるが一羽のみがマゴマゴ
している。なんとか兄弟と一緒にスタコラ・・・
2015-07-06キジのファミリーGDSC01114.jpg
芝の斜面を一列になって母鳥と合流した・・
2015-07-13
樹上(山桑)で、その実を食す母鳥。
2015-07-13樹上のキジIMG_0067.jpg
2015-09-18
2015-09-18キジIMG_0021.jpg
チリ津波注意報発令により館の周囲は工事もなく
静寂の一日。
母鳥と同様の大きさに成長したヒナが三羽。雨に濡れた
ヤブから出て身づくろいをしている。自然の摂理か個体数
は誕生から半減していた。
来春には母親から「ぼん出されて」それぞれの道を歩む。
・・・合掌・・・・
posted by 鯨と海の科学館 at 17:17| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。