2016年09月11日

作業風景

8月30日〜9月11日までの間、筑波大学の松井先生、弘前大学の片岡先生、そして学生さんたちが来館し、被災資料の処置作業をして下さいました。
IMG_5407.JPG

IMG_5357.JPG

IMG_5466.JPG

IMG_5330.JPG


メンバーは入れ替わりがあったので、後半は筑波大の河崎先生を中心にガンバりました
IMG_5374.JPG
震災後から、遠いところを何度も何度も足を運んでいただき、毎回懸命に作業してくれています。
今回は岩手大学からも学生さんが来て、お手伝いしてくれました。ありがたいですね。
若いみなさんのパワーと笑顔に、私も力をもらいました
みなさん本当にありがとうございました
(佐)
posted by 鯨と海の科学館 at 10:47| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
着実に再開に向けて作業が進んでいらっしゃるようで、本当に待ち遠しいですね。
ちなみに未確認情報で、10月の国体前に再開という記事を参考に遅めに夏休みをとってみましたが、観光協会さんに問い合わせたところ、まだ再開にはならないのですね、、、、。
今回はお邪魔できないようで残念ですが、9月末に予定を変えずに岩手沿岸の旅をしようと思います。
外観だけでも見に行きます!
Posted by Real Black at 2016年09月11日 15:39
Real Blac様>コメントありがとございます!諸事情により国体前の開館ができなくなってしまいましたが、再開に向けて頑張っております。せっかくお休みを調整していただいたのに申し訳ありません・・。再開の日を楽しみにしていてくださいね!
Posted by 鯨と海の科学館 at 2016年09月15日 17:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。