2015年09月18日

キジのファミリー

2015-07-06
骨格などの脱塩用大型水槽の排水口の手直しをしていると
ほぼ修復を完了した本館の方角から甲高いギィ−・ギィ−とキジ
の鳴き声がした。あまりにも長い時間続くので行ってみると。
2015-07-06キジのファミリー➀DSC01093.jpg
本館のスロープ通路手前に「つがい」のキジがいた。
2015-07-06キジのファミリーADSC01094.jpg
手前がオス・通路下奥がメス
2015-07-06キジのファミリーBDSC01099.jpg
近づくとメスが小生の間近で大声とともに異様な動き
を繰り返す。
2015-07-06キジのファミリーCDSC01101.jpg
羽根の形を変えて「疑傷」するメス(母鳥)
地上に営巣する鳥に見られる。外敵が巣に近づくのを
はぐらかしたり雛を守るために敵をとおくにおびきだす。
オスは冷たいものでトットコ・トットコ逃げ出した。
2015-07-06キジのファミリーDDSC01103.jpg
周囲を良く観ると上部の方向でピヨピヨの声がする。
入館スロープのサイド芝生になにかうごめく。
2015-07-06キジのファミリーEDSC01109.jpg
芝と壁のコーナーにヒナが六羽パニック状態でいた。
ヒナたちにとってはこの段差が障害となって迷い
母親とはぐれてしまったようだ。
2015-07-06キジのファミリーEDSC01109.jpg
母鳥の方向へなんとか追い出してやるが一羽のみがマゴマゴ
している。なんとか兄弟と一緒にスタコラ・・・
2015-07-06キジのファミリーGDSC01114.jpg
芝の斜面を一列になって母鳥と合流した・・
2015-07-13
樹上(山桑)で、その実を食す母鳥。
2015-07-13樹上のキジIMG_0067.jpg
2015-09-18
2015-09-18キジIMG_0021.jpg
チリ津波注意報発令により館の周囲は工事もなく
静寂の一日。
母鳥と同様の大きさに成長したヒナが三羽。雨に濡れた
ヤブから出て身づくろいをしている。自然の摂理か個体数
は誕生から半減していた。
来春には母親から「ぼん出されて」それぞれの道を歩む。
・・・合掌・・・・
posted by 鯨と海の科学館 at 17:17| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: