2012年10月06日

不動明王と荒神社

2012-10-3 遠野市の水光園へ湯アミに行く。山田町から
国道45号線を南下して鵜住居から県道35号線を西へ進む。
笛吹峠の手前の「青の木」と「和山」を源流とする鵜住居川を
沿うこの道はルートの変遷はあっても古来から遠野と沿岸域を
結ぶ街道であった。三閉伊の一揆でもこの街道が主なルートで
あった。途上の栗林地区にはそのリーダー的役目の方の碑もある。
IMG_遠野紀行-1.JPG
青の木集落を左に見て笛吹峠を越えると蛇行する下り坂となりやがてこの
「不動明王」の社が左側にある。
IMG_遠野紀行-2.JPG
20代から幾度も往くがあらためて拝謁するのは二度目である。
鋼製の赤い「鳥居」にはその「不動明王」の門標に昭和50年5月
長澤久雄とある。十数年前に知人から山田町の方が寄進(建立)したとの
教えを思い出した。どこかで聞いた名前の方だ・・・・・
通称は○幸さんだ。(円のなかに幸と表す。のが符号である)
加工屋(水産加工)さんであった。魚類の干物や加工品を販売していた。
店舗は「いとしき日々」に投稿した旭金物店の向かいで筋向いは
ホカ弁(曖昧だがこの角は前身は時計屋さん)と記憶する。
ここにも遠野と山田町を繋ぐ縁があったのだ。
IMG_遠野紀行-3.JPG
その碑と社である・・・
IMG_遠野紀行-4.JPG
碑には大正十四年四月八日 青笹村・立石・菊池重之助・建とある。
さらに、金五円也・寄附有・菊池與佐ェ門とあった。
(※判読に間違いがあればご容赦を・・・)
IMG_遠野紀行-5.JPG
社の屋根は苔むしている。建物でいふ外壁には松竹梅が三方にそれぞれ
彫られていた。
IMG_遠野紀行-6.JPG
前後したが菊池両氏が彫られている。
「街道をゆく」という書籍をシタタメタ今は亡き方が脳裏に浮かぶ。
IMG_遠野紀行-7.JPG
直近の街道には「ミズナラ」のドングリが・・・・・・・
「天変地異」があってもヒトや地域間の繋がりは
永久に繰り返してゆくのだらうか。この種子のように・・・・・
湯あみを終えて「伝承園」で好物の「ひっつみ」を食す。
地鶏系のダシ汁(スープ)でイケルのだ。かつて昼時の団体さんのガイド曰く、
昔はイワシとかの煮干しであったそうな。とお歴々に解説・・
 まったく、そのとおりとうなずく。農家にはお米など作ることはあっても
食えない時があったのだ・・・
五穀や麦粉を練って鍋にヒッチギッテ(山田ではヒッツギルと言ふ)ぶち込む。
IMG_遠野紀行-8.JPG
食後は「上郷」の産直へ直行して「ミニソフト」@200円をゲット・・・・
新釜石道路を横切り旧住田街道に乗り北北西に進路を取る。
暮坪集落(クレツボ)への交差点や「六角牛山」南東側登山道入口を過ぎて
35号線への途中に・・・・・・ 
遠野市遺産第37号の荒神社がある。
「稲刈り」はまだ終えていない。ラッキーた゛。田の中の社なのだ。
春夏秋冬の絵が欲しくて通っていた。
35号線に戻る。やや東の方向の笛吹峠へ戻る途中の舘石集落で「ヤギ」が居る
河川敷を思い出す。
往路では視野に入り難いが復路では橋の袂(タモト)に放牧されている。
IMG_遠野紀行-9.JPG
彼(彼女?)も再三に見かけてはいるが素通りだった。ツレとニックネームは
「ヤギハシ」と命名はしていた・・・・・
 今日は袂に停車して挨拶に河川敷に降りる。ヤツは人慣れしているせいか
小生の言葉に反応して傍に寄ってきた。
IMG_遠野紀行-10.JPG
右のツノは何かの理由で折損か・・・
それにしても貫禄というか十数年以上も生きている風格に圧倒された・・
 不動明王と荒神社・・・まさしくヒトの邪悪な煩悩を寄せ付けないものを感じた・・
 このヤギにも・・・・合掌・・・jun.m










posted by 鯨と海の科学館 at 22:48| Comment(0) | 史・遺跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。