2011年10月24日

山田町船越「荒神神社」V

2011-10-23 再び訪れてみた。当初は「下川臨海公園」付近の崩落のため旧タブノ木荘方面からの
迂回であったが、改善されて「関係者」は通行できた。海水浴場付近は漁業者によるガレキの回収
も行われており漂流物等の回収も進んでいた。
小生チームは浜砂の中のガラス片や小金属片の回収に重点を置く作業となった。
IMG_1158-2.JPG
迎えてくれた方は・・・やはり「想像のレオ」だ。よく見ると頭頂に盃が・・・・神、いや波の仕業か・・
IMG_0176.jpg
「長床」やツワモノのどもが夢の跡・・・(注釈・ナガドコとは、例大祭などの前夜に氏子総代
関係者たちが本殿のそばに下準備や休憩のために作られた社務所とは異なる建物である。と推測
される。)その会合や打合わせのあと・・・必然的に酩酊する「ご仁」もある。の図
IMG_1184-2.JPG
IMG_1174-2.JPG
「力神石」にまつわる解説の立て札で不届き者がおったようである。西舘様には感謝。不届き者には罰を・・・・
IMG_1182-2.JPG
その上部から見た鳥居も悲惨な状態であった。心が痛む・・・・・・
IMG_1180-2.JPG
幸いにも、その「力神石」様や現荒神社以前と推測される「小室堂」は、ほぼ無傷で現存していた。
IMG_1175-2.JPG
IMG_1178-2.JPG
その一部の石柱(石門扉)には、折笠村の「昆 仁兵衛」殿の寄進による記銘ありて・・・・
IMG_1167-2.JPG
上の図はその小室堂ウラからみた吉里吉里半島「野島」がかすんで見えた。
IMG_1169-2.JPG
IMG_1168-2.JPG
その位置から漁船の「道しるべ」となるべき灯標や遊歩道の損傷が見受けられる。
この光景や現状は「僕は・・忘れはしない、遠く過ぎ去るものに・・・」になるか。
明日に向かって走れ・・・福幸に    合掌! jun.m












posted by 鯨と海の科学館 at 22:47| Comment(0) | 現状報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。