2014年09月22日

船越小学校インタビュー

今日は、鯨館仮設収蔵庫に船越小学校の6年生さんが来てくれました
DSCF9288-2.jpg


みなさんは、IBC岩手放送の協力のもと、「被災した自分たちが元気な姿を見せることで、見た人に元気を届けたい」とDVDの作成に取り組んでいます。
DSCF9320-2.jpg


今日の質問も子供たちが考え、インタビューも撮影も全てこなしました
DSCF9344-2.jpg


「震災があって、今に行きつくまでどんな苦労がありましたか?」
「再開したら、建物はどのようになりますか?」
といった質問に、館長がひとつひとつ答えていきます。
DSCF9338-2.jpg


鯨館の仮設収蔵庫をみんなで見学です。
DSCF9373-2.jpg

鯨館が再開したら、みんな来てね!
待ってるよ〜
DSCF9383-2.jpg
(佐)
posted by 鯨と海の科学館 at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

秋晴れの一日です

今日は秋晴れの、とっても良いお天気でした。
こんな日はどこかに出かけたくなりますよね

工事中の鯨館の周りも秋らしくなってきました
すすきや・・・
DSCF9266-2.jpg

コスモスが咲いています
DSCF9272-2.jpg


さてさて、鯨館での作業は今日も着々と進んでいます。
今日は脱塩作業です。
DSCF9245-2.jpg


【水道水(お湯)に浸ける】という工程があるので、お湯を沸かす指導員
DSCF9256-2.jpg


さて、何℃かな?
DSCF9285-2.jpg



その後、精製水に浸ける等の工程を経て・・・
検知管で、残留塩化物イオンのチェック
DSCF9242-2.jpg

値が少なければ次の工程へ進めますが、高ければまたやり直し…
ドキドキしながら頑張ります
(佐)
posted by 鯨と海の科学館 at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

ありがとうございました!

9月2日〜7日の間、ずっとお世話になっている筑波大学の松井敏也准教授が被災収蔵資料の安定化の処理に、鯨館に来てくださいました
今回は筑波大学の学生さん、弘前大学の片岡先生、学生さん、東北歴史博物館の方々が一緒に参加してくださり、洗浄やエタノール消毒、インクララック塗装などの処理をしました

DSCF8628-2.jpg

資料の説明などの後に、作業を開始。
6日間でしたが、みなさんには本当に一生懸命作業していただきました
DSCF8683-2.jpg


DSCF8833-2.jpg



DSCF8700-2.jpg


作業は順調に進み、鯨館再開へまた一歩前進です!皆様のお力添えに感謝
本当にありがとうございました
DSCF8669-2.jpg
(佐)
posted by 鯨と海の科学館 at 14:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする