2013年10月27日

冬の使者来る

2013-10-27(日)
タイフーン一過、秋晴れとなる。
冬の使者@.jpg
ガレキ処理も大幅に進み対岸の十二神山・大沢山・日光山が秋模様だ。
冬の使者A.jpg
定点観測(撮影)で当館の二階から「入江田沼」を視る。
ヤードの向こうに白いものがポツンと見えた。養殖筏用の発泡フロート
が強風で海から来たか。と思ったがヤヤ動いている。
冬の使者⑶.jpg
どう見ても「白鳥」のようだ。
冬の使者C.jpg
こちらからは距離がありすぎて対岸へ回るとまさしく。
冬の使者D.jpg
一羽のみだ。
冬の使者E.jpg
オオハクチョウかコハクチョウかは距離が遠く同定出来ない。
先に来ていた沼の住人であるスズガモも歓迎している。
ややしばらくすると午睡に入った。平日もこの処理場へは一般者
は進入できない。観察は今のところ浦の浜仮設団地がわの公道から
か・・・・しかも望遠鏡で。
   jun.m
  




posted by 鯨と海の科学館 at 15:32| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする